Blog&column
ブログ・コラム

外壁調査のメリット・デメリットについて

query_builder 2021/08/22
コラム
20
どんなに頑丈な建物であっても、年月とともに劣化することを避けれません。
そこで大切なプロセスになってくるのが、外壁調査です。
外壁調査とは、ハンマーを使った打診調査などいくつか方法があります。
費用も掛かる外壁調査ですが、それ以上のメリットとは何でしょうか。

▼外壁調査のメリット
安全
ある程度の雨風に耐えられる外壁であるが故に、その部分にひび割れや破損があった場合、建物の安全の保障は絶対ではありません。
建物の安全を守ることは所有者の義務と言えます。

■建物の価値
定期的に外壁を調査することで、早期に外壁の傷みに気づき補修することができます。
老朽化も防ぎ、破損の浸食も抑えることができます。
早期の対策は、長い目でみれば維持費の節約にも繋がるんです。

■罰則ができた
平成20年以前は外壁調査の義務はありましたが、守らなかったからという理由で罰則はありませんでした。
新しく施行された建築基準法第12条(特殊建築物の調査義務)では、外壁調査の報告を正しく行わないと最悪罰則が生じることが決まったのです。

外壁調査のデメリットとは、逆にしなかった時の罰金が一番と言えます。
費用を払っても、外壁調査をする理由はそこにあります。

▼まとめ
外壁調査は建物の状態を調べるための重要な調査なので、やはり信頼性のある方法で行うのがベストです。
弊社ではこれまで数多くの打診調査を行ってきたので、もしご希望の方は一度ご連絡ください。
大切な建物のサポートをさせていただきます。

NEW

  • 外壁調査における仕様書について

    query_builder 2021/09/15
  • 足場を使わないで外壁調査を行う方法について

    query_builder 2021/09/08
  • 外壁調査の適正価格と業者の選び方について

    query_builder 2021/09/01
  • 外壁調査のメリット・デメリットについて

    query_builder 2021/08/22
  • 外壁調査の方法について

    query_builder 2021/08/15

CATEGORY

ARCHIVE