Blog&column
ブログ・コラム

外壁調査は10年に1回必要?

query_builder 2021/09/22
コラム
24
特定建築物に義務化されている外壁調査。
打診調査などの方法によって行われますが、外壁調査をするべきタイミングはご存知ですか?
外壁調査が義務化されたことで、建物の管理人などはより意識が強くなったのではないかと思います。
そこで今回は、外壁調査を行うべきタイミングと外壁調査の目的について解説していきます。

▼外壁調査を行うべきタイミング
外壁調査に関する内容が定められている建築基準法が、平成20年に改正されました。
そのことから、建物の竣工から10年、外壁の改修工事などを行ってから10年経過した時点で、外壁の全面打診調査を行わなければならないことになりました。
もし決められた期間に外壁調査を行わなかった場合や、虚偽の報告をした場合は、罰金などの罰則の対象となります。

▼外壁調査の目的
では、なぜ建築基準法が改正されたのでしょうか。
これは、マンションやビルなどの倒壊・不具合が多発したことが理由です。
外壁は常に雨風にさらされており、建物によって劣化の進行具合が異なります。
建物の倒壊は大きな事故に繋がるので、未然に防ぐために定期的に外壁調査を行うことが義務付けられたのです。
外壁の異常の有無を調べるだけでなく、もし異常が見つかった場合にどのような処置が必要なのかも診断します。

▼まとめ
建築基準法が改正されたことで、建物の竣工から10年、改修工事から10年経過したら外壁調査を行わなければなりません。
弊社はさまざまな建物の打診調査を行っているので、外壁調査を検討中の方はぜひご相談ください。

NEW

  • 打診調査に役立つ資格について

    query_builder 2021/12/01
  • タイル外壁の打診調査のやり方について

    query_builder 2021/11/22
  • 上級外壁打診調査士について

    query_builder 2021/11/15
  • ビルメンテナンスの仕事内容について

    query_builder 2021/11/08
  • 建物を定期的にメンテナンスするメリットについて

    query_builder 2021/11/01

CATEGORY

ARCHIVE