Blog&column
ブログ・コラム

外壁の全面打診調査は法定調査なの?

query_builder 2022/01/01
コラム
35
「外壁の全面打診調査とは、法定調査なのだろうか」という疑問をお持ちではありませんか。
打診調査が法律で義務付けられているのか知りたい、という方もいらっしゃいますよね。
そこで外壁の全面打診調査について簡単に説明しますので、目を通してみてください。

打診調査は法定調査なの?
平成20年4月の建築基準法改正により、特定建築物は定期報告制度の厳格化が制定されました。
この中で、外壁の打診調査が義務付けられました。
外壁の全面打診調査の目的には、以下のようなものがあります。

・外壁の損傷の確認
・剥落防止の必要性の判断
・歩行者等への危害防止 など

つまり、建物の安全性を確認するため、全面打診調査は法定の調査となったのだと考えられます。
タイルなど外壁が高層階から落下すると、歩行者に危害を与えてしまう可能性がありますよね。
事故が起これば、損害賠償問題などにつながる可能性も高いでしょう。
大きなトラブルを防ぐためにも、法定調査である外壁の全面打診調査は必ず行ってください。

▼まとめ
打診調査は、建物の安全性を確認するために義務付けられているものです。
そのため、必要な時期が来たら、速やかに調査を依頼することをおすすめします。
東京を拠点としている「株式会社RALZ-Association」では、外壁打診調査や窓清掃などを承っております。
経験豊富な上級外壁打診調査士の資格を有する技術者が調査をいたしますので、ぜひご依頼ください。

NEW

  • ビルを長持ちさせる方法とは

    query_builder 2022/05/01
  • ビルを安全に運用するポイントについて

    query_builder 2022/04/15
  • 外壁タイルのメンテナンスについて

    query_builder 2022/04/01
  • 外壁をタイルにした場合のメリットとデメリット

    query_builder 2022/03/15

CATEGORY

ARCHIVE