Blog&column
ブログ・コラム

外壁打診調査を行う頻度はどのぐらい?

query_builder 2022/02/01
コラム
37
「外壁打診調査を行う頻度はどのくらいなのだろう」といった疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
費用も掛かるため、どのくらいの頻度で調査を実施すべきなのか、知りたいですよね。
そこで外壁打診調査を行う頻度について説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼外壁打診調査を行う頻度とは
外壁の全面打診調査は、10年に1度程度の頻度で行わなくてはなりません。
全面打診調査は、建築基準法によって義務付けられている調査です。
なお、建物により、調査結果の報告先には違いがあります。

高層ビルやマンションなどの外壁は、肉眼では分かりづらいものです。
特に高層階の状態は、素人には見つけられないでしょう。
たとえ小さな割れがあったとしても、気が付くものではありません。
しかし肉眼では分からない問題も、全面打診調査で見つけることができます。
調査は、建物の安全性を確認するために行われる大切なものです。
そこで経験の多い技術者が在籍する業者への依頼をおすすめします。

▼まとめ
調査費用は業者によって違いがあるため、業者に相談して見積もりを依頼しておきましょう。
また調査について不明だと感じることがあるなら、必ず事前に確認してください。
「株式会社RALZ-Association」では、東京を拠点として、ビルやマンションの外壁を丁寧にチェックしております。
外壁打診調査や窓清掃などの依頼がありましたら、ぜひ多数の実績を持つ弊社までお問い合わせください。

NEW

  • 鳥害によるトラブルの例と対策について

    query_builder 2022/08/05
  • 鳥害による被害と対策について

    query_builder 2022/07/03
  • 鳥の糞が建物に与える影響と対策

    query_builder 2022/06/01
  • ビルを長持ちさせる方法とは

    query_builder 2022/05/01

CATEGORY

ARCHIVE