Blog&column
ブログ・コラム

外壁をタイルにした場合のメリットとデメリット

query_builder 2022/03/15
コラム
40
「ビルの外壁をタイルにしたら、どのようなデメリットがあるだろう」と気になっていませんか。
外壁を決めるのなら、メリット・デメリットの両方を把握しておきたいですよね。
そこで外壁をタイルにした場合に考えられるメリットとデメリットを紹介します。
ぜひ最後まで読んで、参考にしてみてくださいね。

▼外壁をタイルにした場合に考えられるメリットとデメリット
外壁材の1つであるタイルには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

■[メリット]
・高級感ある外観に仕上がる
・耐久性が高い
・メンテナンスしやすい
■[デメリット]
・初期費用が高くなる
・劣化すると剥離や落下の可能性がある
・メンテナンスが必要

タイルによる外壁は初期費用が高いものの、高級感ある外観に仕上がります。
剥離や落下の可能性は考えられますが、基本的には耐久性が高く、メンテナスしやすい素材です。
定期的なメンテナンスを行うことにより、タイルは長持ちする外壁材だと言えるでしょう。
そのため初期費用が掛かったとしても、長期的に見れば安く済むとも考えることができます。

▼まとめ
タイルを長持ちさせるなら、メンテナンスが必要不可欠です。
ぜひ定期的な外壁の調査とメンテナンスを行い、タイルを安全に長く使いましょう。
東京都の「株式会社RALZ-Association」では、充実したビルメンテナンスのプランをご用意しております。
クオリティーの高いビルメンテナンスを行う業者をお探しでしたら、ぜひ弊社までご連絡ください。

NEW

  • 鳥害による被害と対策について

    query_builder 2022/07/03
  • 鳥の糞が建物に与える影響と対策

    query_builder 2022/06/01
  • ビルを長持ちさせる方法とは

    query_builder 2022/05/01
  • ビルを安全に運用するポイントについて

    query_builder 2022/04/15

CATEGORY

ARCHIVE